美白化粧水成分で選ぶならビタミンC誘導体

夏は紫外線が強く日焼けもしやすいので美白化粧水を使ってシミの原因になるメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミやそばかすを予防するといいでしょう。
美白化粧水と言っても実際に買いにいくと色々な種類があるのでどれを選んだらいいのか迷いませんか?
そんな時には成分をチェックするといいでしょう。

美白化粧品成分にはアルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどがあり、中でもビタミンC誘導体とハイドロキノンは他の美白成分の10~100倍ともいわれています。
やや刺激が強いので敏感肌や乾燥肌の人は注意しながら使ってみるといいでしょう。
また敏感肌や乾燥肌の人は保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸は配合された美白化粧水がオススメです。

美白化粧水は色々ありますが、まずはサンプルやトライアルセットで試してみるといいでしょう。
実際に使ってみないと自分の肌に合うかどうかはわからないし、効果を得られるかもわかりません。
できればトライアルセットで1週間程度使ってみれば、自分の肌に合うか確認できるので試してみるといいでしょう。